表示価格は、特に記載のある場合を除きすべて税抜です。

ホーム > XePhion プライベートネットワークサービス品質指標

  • 小
  • 中
  • 大

XePhion プライベートネットワークサービス品質指標

XePhionプライベートネットワークでは、常にお客様にご満足いただけるネットワーク品質を維持するべく、日々品質管理に努めております。
具体的な数値で伝送遅延時間を管理・保証することにより、高品質なサービスを提供します。

SLA月間実績値

2017年 稼働率
(%)
伝送遅延時間
(msec)
ゆらぎ時間
(msec)
パケット欠損率
(%)
7月 99.999% 9.21 0.03 0.00
6月 99.999% 9.29 0.03 0.00
5月 99.999% 9.58 0.03 0.00
4月 99.999% 9.42 0.03 0.00
3月 99.998% 9.75 0.03 0.00
2月 99.998% 9.94 0.03 0.00
1月 99.999% 8.95 0.03 0.00

2016年 稼働率
(%)
伝送遅延時間
(msec)
ゆらぎ時間
(msec)
パケット欠損率
(%)
12月 99.999% 8.95 0.03 0.00
11月 99.999% 8.77 0.03 0.00
10月 99.998% 9.81 0.03 0.00
9月 99.997% 9.98 0.03 0.00
8月 99.996% 10.37 0.03 0.00
7月 99.997% 9.66 0.03 0.00
6月 99.999% 9.53 0.03 0.00
5月 99.999% 9.61 0.03 0.00
4月 99.995% 9.27 0.03 0.00
3月 99.999% 8.82 0.04 0.00
2月 99.999% 9.36 0.03 0.00
1月 99.999% 9.52 0.03 0.00

稼働率

稼働率とは、ネットワーク機器がどの程度の割合で正常に稼働しているかを示す数値です。

この項目で表示されている値は、XePhionサービスのネットワークを構成する機器の1ヵ月分の稼動記録に基づいて算出された値です。

伝送遅延時間(msec)について

伝送遅延時間とは、弊社が札幌、東京、福岡など全国の主要12都市に設置する網側ネットワーク装置間において、一端から送信されたパケットが相手装置に届くまでに要した時間です。伝送遅延時間が大きいと、音声通信の場合など、返答が遅くなるなどの品質の劣化が生じます。
弊社では、網内の伝送遅延時間が月間平均 15 msec 以下となることを保証します。
※音声通信の場合、伝送遅延時間が 150 ms 以下であれば、通話品質は一般的に許容範囲内であるとされています。

この項目で表示されている値は、XePhionサービスのネットワーク内測定ポイントで計測された値の1ヵ月分の平均値です。

ゆらぎ時間(msec)

ゆらぎ時間とは、弊社が札幌、東京、福岡など全国の主要12都市に設置する網側ネットワーク装置間における伝送遅延時間のずれです。
ゆらぎ時間が大きいと、いかに伝送遅延時間自体を小さく抑えた場合であっても、音声通信の場合に音声のゆがみや音のとびが発生するなどの品質の劣化が生じます。
弊社では、網内のゆらぎ時間が月間平均 2 msec 以下となることを保証します。
※受信機器のゆらぎのバッファをどの程度とるかによって品質の許容範囲は異なります。平均 2 msec 以下という数値は、一般的にIP通信網サービスにおいて保証される最高レベルの品質を参考に決定しております。

この項目で表示されている値は、XePhionサービスのネットワーク内測定ポイントで計測された値の1ヵ月分の平均値です。

パケット欠損率(%)

パケット欠損率とは、弊社が札幌、東京、福岡など全国の主要12都市に設置する網側ネットワーク装置間において、送信パケットが喪失する確率をいいます。
このパケット欠損率が大きいと、音声通信の場合など、音声がとぎれるなどの品質の劣化が生じます。
弊社では、網内のパケット欠損率が月間平均 0.01% 以下となることを保証します。

この項目で表示されている値は、XePhionサービスのネットワーク内測定ポイントで計測された値の1ヵ月分の平均値です。